文化財ペーパークラフト

神戸異人館風見鶏の館

カザミドリ ノ ヤカタ

kazami

 DATA

 08/12/5公開


 分類:文化財建築

 スケール:1/100

 制作者:RYO


 所在地図(Yahoo!地図)


ダウンロード

PDF:約11.8MB A4用紙16枚


説明書

PDF:約1.7MB A4用紙7枚

▼ 風見鶏の館について

風見鶏の館は、正しくは旧トーマス家住宅といい、神戸北野異人館を代表する洋風建築の一つです。

木造2階建で壁面は煉瓦張り、塔屋上の風見鶏が特徴で、北野町のシンボルとして欠かせない存在と
なっています。
近隣の異人館には珍しく、ドイツ様式を持ちます。1909(明治42)年に建築家デ・ラランデ(de Lalande, George- ;1872-1914)が 貿易商トーマス氏(Thomas, Gottfried-)の住居として設計。

1978(昭和53)年には国指定重要文化財に指定。
現在は室内や調度品が再現されており、当時の生活の様子をうかがい知る事ができます。



▼ 付近の主な公開異人館

・萌黄の館…建築家ハンセルの手による萌黄色の美しい洋館。国指定重要文化財。
・うろこの館…天然石スレートを鱗状に貼った壁面が特徴。国登録有形文化財。
・ラインの館…フランス人ドレウェル夫人の旧邸宅。北野山本地区伝統的建造物。
・シュウエケ邸…建築家ハンセルの旧邸宅。北野山本地区伝統的建造物。

当サイトのペーパークラフト、ファイル、画像等の商用利用、二次使用、無断転載、無断改変をお断り致します。

Internet Explorer8、Google Chrome、Firefox3.6.6、Opera10.6で動作確認しておりますが、環境によっては表示がおかしくなる場合もございます。

サイト、ペパクラに対するご意見、ご感想はメールでお願い致します。尚、すぐにお返事できない場合もございます。ご了承ください。

Sorry! This homepage is Japanese only.