文化財ペーパークラフト

旧武藤山治邸

キュウ ムトウサンジ テイ

syoin

 DATA

 16/11/20 ページ公開


 分類:文化財建築

 スケール:1/100

 制作者:RYO


▼ 旧武藤山治邸について

旧武藤山治邸(旧鐘紡舞子倶楽部)は、舞子公園内にある洋風建築です。
鐘紡の中興の祖とも言われる実業家・武藤山治(1867-1934)の別邸として、明治40(1907)年に
建設されました。

設計は国会議事堂や、同じ兵庫県内では赤穂民俗資料館なども手がけた、建築家の大熊喜邦
(1877-1952)で、 海岸側に大きく張り出した円形のベランダが特徴の、とても美しい洋館です。

武藤山治の死後、鐘紡へ寄贈され、その後別地へ移築され、その際に洋館以外の建物を解体で
失うなどをしたものの、兵庫県へ寄贈された際、元の場所に戻るように移築され、現在に至って
おります。

平成23(2011)年に国登録有形文化財となり、現在では隣接する移情閣・明石海峡大橋とともに、
舞子公園の シンボルとして親しまれています。
 

当サイトのペーパークラフト、ファイル、画像等の商用利用、二次使用、無断転載、無断改変をお断り致します。

Internet Explorer8、Google Chrome、Firefox3.6.6、Opera10.6で動作確認しておりますが、環境によっては表示がおかしくなる場合もございます。

サイト、ペパクラに対するご意見、ご感想はメールでお願い致します。尚、すぐにお返事できない場合もございます。ご了承ください。

Sorry! This homepage is Japanese only.