文化財ペーパークラフト

鶴林寺太子堂

カクリンジ タイシドウ

syoin

 DATA

 11/5/5 ページ公開


 分類:文化財建築

 スケール:1/100

 制作者:RYO


 



▼ 鶴林寺太子堂について

刀田山鶴林寺は兵庫県加古川市にあり、聖徳太子開基とされる天台宗の古刹です。

太子堂は本堂の東隣に建ち、天永3(1112)年の建立で現存する兵庫県内最古の建造物です。
元は法華堂と呼ばれていましたが、堂内に聖徳太子の肖像を安置する事からこう呼ばれるように
なったとされます。

四方廻縁、桧皮葺き、三間四方の宝形造で、南面に一間の孫庇が張り出し、
廻縁も南だけ一段低くする独特の造りで、小規模ながらも優雅で美しい建築です。

近年、内壁に壁画が描かれていた事が発見されています。



当サイトのペーパークラフト、ファイル、画像等の商用利用、二次使用、無断転載、無断改変をお断り致します。

Internet Explorer8、Google Chrome、Firefox3.6.6、Opera10.6で動作確認しておりますが、環境によっては表示がおかしくなる場合もございます。

サイト、ペパクラに対するご意見、ご感想はメールでお願い致します。尚、すぐにお返事できない場合もございます。ご了承ください。

Sorry! This homepage is Japanese only.